3DCAD・3Dプリンター

【3DCAD】プレスフィットBB抜き工具を書いてみたよ♪

投稿日:

プレスフィットBBを書いたので

次は

プレスフィットBBの抜き工具を書いていきたいと思います!

 

出来上がりはこんな感じ

それでは

 

プレスフィットBB抜き工具を書いてみたよ♪

抜き工具が入る部分は

下画像の赤矢印部分

ここに抜き工具をあてて抜きます。

 

抜く方法は

たこさんウィンナーのような形の工具か(価格が安い方)

内側からジワジワ押し出す方法(価格が高い方法)

 

今回は

内側からジワジワ押し出す方法になります。

 

パーツ1

まず、一番大事な

赤→部分に入る押し出すパーツを書いていきます。

赤→部分を測定して作ったのが

↓これになります。

外径から0.1mm小さく

内径にはまるように作りました。

というわけで

BBにセットしてみます。

これでは干渉しているかどうか

分からないので断面を確認します。

断面を設定する場所を

間違え良く分かりません。

 

まぁ~

寸法を間違えていなければ大丈夫なはず!

というわけで次作ります。

 

パーツ2

ずん切りのネジを適当な長さで書いていきます。

セットしてみる。

色、黒すぎた

 

パーツ3

押し当てる筒パーツを書きます。

適当に外径と内径書いて

押し出すだけ。

凄く簡単♪

 

これも

セットして干渉していないかなど

色々確認します。

良い感じですね。

 

パーツ4

次は

押さえるパーツ

このパーツはフレームにあてる部分で

押し出したBBがこの中に入っていきます。

 

この時点で深さは適当

アセンブリで位置を確認

大丈夫そうですね♪

 

パーツ5

次はナットになります。

なんとなく

押さえパーツの内径にはまるように

作ってみました。

 

アセンブリで確認

干渉は無さそうです。

反対側も同じ物をセット

これで一応、パーツ作成は終わり。

 

全体のアセンブリは下画像のような感じになりました。

 

確認作業

適当に寸法を決めて書いたので

干渉無くちゃんと機能するか確認します。

 

【断面解析】で断面を確認

調整したので

干渉はなさそうです。

 

次は

ちゃんと抜けるだけの長さがあるか確認

プレスフィットBBの

はまり込んでいる長さが11.5mm

 

筒状のパーツが

押し出せる長さが15mm

 

押し出されたプレスフィットBBが

治まる深さが18mm

 

タブン問題無いと思うケド

ギリギリ過ぎるかな・・・汗

 

次は

このパーツを

3Dプリンターで作ってみたいと思います!

 

そして

自作プレスフィットBB抜き工具で

プレスフィットBBを抜きたいと思います!

 

懸念される事は

抜きパーツが上手く嵌るか?と

耐えれる強度がプラスチックに有るか、どうかですね。

あと長さ

心配な場所ばっかりw

 

一言

PLAで印刷したのですが

思ったよりカチカチです。

なので

ちょっと期待♪









-3DCAD・3Dプリンター

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.