3DCAD・3Dプリンター

【モノ作り】適当な部品の寸法を測って3DCADで書いてみる

投稿日:

今回は

適当な部品を測定して

3DCADで書いてみようと思います!

まだfusion360(3DCAD)を触って

2日目なので

上手く使えていないと思いますが

とりあえずチャレンジしてみました!

 

適当な部品はこれ!

この小さい黒いの!

 

それでは

 

良く分からない部品を3D図面にする

出来上がりはこんな感じ

掛かった時間は

だいたい30分~1時間ぐらいでした。

 

少し僕の方法書いていきます。

 

部品を観察する

まずは観察します。

部品がどのように動くか

どこが大事か

基準面はどこか

 

ある程度理解出来たら

次は

どの面を基準にして書いたら書きやすいか

考えます。

 

寸法を計測

ある程度観察が出来たら

次は寸法を計測していきます。

 

大事な場所とそうでない場所があるので

それも考えて寸法を計測していきます!

測定した寸法をそのまま入れているので

寸法の取り方がおかしいですが・・・

 

寸法を計測し

スケッチで書き込んだら

部品を押し出します!

ビョン!とオブジェクトが押し出されます。

 

続いて長い方!ビョン!

同じスケッチを使って

別々に押出しできるのが便利!

 

さらに面を選んで

スケッチでオブジェクトを書いていきます!

書いたら押し出す

ビョン!

でまたスケッチで書く

を繰り返して

だんだんと形になっていきます!

細かい所も作り込んでいき

Rを付ければ完成!!!

なんの部品か分からない物を

寸法を測って

3DCADに書くでした!

 

一言

やっぱり書籍もあった方が良いかも知れません









-3DCAD・3Dプリンター

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.