3DCAD・3Dプリンター

【レビュー】3DプリンターAnycubic i3 Megaを組み立てて出力してみました。

投稿日:

アマゾンで注文して2日で

送られてきた段ボール

購入したのは

Anycubic i3 Mega

中華3Dプリンターと言うやつですね。

 

では早速開封していきます。

 

開封

開けてみると

製品はクッション材でしっかりと固定されていました。

完璧な梱包(笑)

 

付属品は

  • SDカードリーダー
  • SDカード
  • スプールホルダー
  • フィラメント(1kg/カラーはランダム)
  • 定規
  • ゴム手袋
  • スクレーパー
  • ピンセット
  • 電源コード
  • ツールセット
  • USBケーブル

と必要な物はすべて入っていました。

上画像は一部です。

 

あまり期待していなかっただけに

これだけ付属品が充実していると

驚きです!

 

組立

取説に組立方法や

初期設定の方法が書いています。

英語なので良く分かりませんが

画像のように嵌め込み

ボルトを止めて

コネクターを接続し

フィラメントを通せば

ほぼ出来上がり。

後は

電力を110Vに

スイッチを移動させれば完成です。

本体に空いているシールは115V-230V

 

Anycubic i3 Megaで出力

データ入力

Anycubic i3 Megaの入力形式は

  • .STL
  • .OBJ
  • .DAE
  • .AMF

だそうです。

何か出力したいので

ネットからダウンロードしてこうかなぁ~と

SDカードをパソコンに挿してみると

中にデータが入っていました。

 

梟のデータ

なるほど!だから

youtubeの人達は初め、梟を印刷しているのか

と納得し

僕も梟を印刷する事にしました。

 

3Dプリンター本体横にある

SDスロットにSDカードを挿して

タッチパネルに表示されたデータを選んで

プリントボタンを押してみると

ウィーン、ウィーンと動き出し

印刷開始された!!!

 

で気付く

そういえば初期セッティングしてないw

ちょっと不安でしたので

注意深く観察。

何か挙動がおかしければ

すぐにSTOPを押そうと構えていましたが

凄く綺麗に印刷されていくじゃありませんか(笑)

セッティングしなくても大丈夫そう・・・

 

印刷速度

Anycubic i3 Megaの印刷速度は

20~100mm/s

運行速度は

150mm/s

 

数字だけ見ても良く分かりませんね。

ここはスライサーソフトを使う時に目安になるのかな?

 

とりあえず

1時間6分経過して79%の出来上がりでした。

印刷物はこんな感じ

 

完成

1時間23分で100%出来上がりました。

気になる出来上がりはこんな感じ

頭の部分や帽子の部分は

ちょっと乱れている感じですが

全体的に綺麗です。

背面はこんな感じ

 

 

 

初めての出力の感想

4万円の3Dプリンターで印刷してみましたが

思った以上に綺麗な仕上がりです。

 

3Dプリンターの中で

4万円と言うのは安い方なので

もっと積層が荒かったり

汚い仕上がりを想像していましたが

予想以上の出来上がりで驚いています。

 

本体を組立するのも

印刷するまでのプロセスも

凄く簡単で使いやすかったです。

 

後は耐久性ですが

それはまた報告していきたいと思います!

 

とりあえず

初めての3Dプリンターに

Anycubic i3 Megaは良いんじゃないでしょうか。

 

次は、自分で作ったデータで印刷したいと思います!

 

一言

さっ、初期調節するかw









-3DCAD・3Dプリンター

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.