町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

⑦自分でコンポーネントを交換します! ワイヤー取り付けシフトチューニング編

ボトムブラケットの形状や

フロントディレーラーのバンド径を間違えたりで

良い感じに、追い詰められていたのですが

ここで最後の追い打ちを喰らいますw

 

それでは

 

ケーブル系を取り付けて行くよ〜

ブレーキワイヤーを取り付け

アウターケーブルの長さを

計測しカットしていきます。

IMG_8678

アウターケーブルに

ブレーキケーブルを通し

長さを調整し、仮固定

タイラップなどで固定していくと作業が捗ります!

IMG_8685

ブレーキワイヤーを固定するのも

ブレーキシューを固定するのも

全て六角レンチです。

IMG_8679

リアブレーキ側

IMG_8680

 

シフトワイヤーを取り付け

フロント側

フロント側のシフトワイヤーを通したら

SHIMANO(シマノ) ケーブル固定位置判別工具(TL-FD68)

で固定位置を判別してシフトワイヤーを取り付けます。

IMG_8681

 

リア側

リア側も通して

ワイヤー引っ張りながら固定

IMG_8683

ハンドル回りはだいぶスッキリ!

IMG_8685

ここで少し注意点です。

旧Tiagraはシフトケーブル調整が

STiレバーについていましたが

新Tiagra(4700系)はケーブル調整がついていません。

なのでインラインケーブルアジャスターが必要になってきます!

なくても大丈夫という方もいますが

あったほうが調整が楽になるので

付けた方が良いかなと思いました。

 

シフトチューニング

シフトワイヤーを取り付けたら

いよいよ

シフトチューニングです。

 

サイクルメンテナンスさんの

「ロードバイク完全組立 2.0」を

参考にしながらシフトチューニングをしたのですが

 

凄く難しい!

 

思った以上に大苦戦したので

写真は撮っていません。

というより撮る余裕がありませんでした。

 

掛かった時間は

ざっくりですが12時間

 

ちょっと

何に大苦戦したか書いていきたいと思います。

それでは

シフトチューニング大苦戦

サイクルメンテナンスさんDVDでは

まず、リアディレーラーの調整を行っています。

ここは簡単に調整が出来ました。

 

続いて

フロントディレイラー、インナーの方を調節します。

 

ここも

DVDを見ながら簡単に調整出来ました!

 

ここから

フロントをアウターにし

調整していくのですが

 

アウターにチェーンを掛けると

フロントディレーラーに凄く接触するw

 

調節しても「カチカチカチ」と

接触するので

取り付けが悪いのかな〜と

色々見直してみたら

 

どうやら

フロントディレーラーと

アウターのギアの隙間が狭い!

と思ったので(素人判断)

 

シフトワイヤーを外し

フロントディレーラーを

少し上に上げてみた所

「カチカチカチ」の接触音は

だいぶ軽減出来ました。

 

そして再度調節したのですが

次は

フロントがアウター(トップ)トリムに

出来ない!

 

STiレバーの方はしっかりとカチッっと言っているのですが

フロントディレーラーが動かないんです。

 

フロントディレーラーが

アウター(トップ)トリムで動くくらい

ワイヤーを緩めると

 

次は

フロント、インナーがおかしくなっちゃうw

 

これの繰り返しでしたwww

 

結局、12時間調節した後に

フロントをアウター

リア、ロウのギアを諦めましたw

 

最後にバーテープを巻いて終了!

IMG_8686

バーテープも初めて巻いたので

浮いている所があったりしていますw

IMG_8687

 

一言

チューニングは

素人に難し過ぎましたw

取り付けるだけなら簡単なのですが・・・

良い勉強になりました。

 

 - ロードバイク