ロードバイク

中華カーボン、ICAN(アイカン)フレームでロードバイクを組む!後編

投稿日:

色々とありましたが

なんとかフレーム完成まで辿り着きました!

 

そして

試乗してみたのですが

なにやら

異音がしますね。

 

それでは

 

組み立て

フォークのコラムカットまで終わっていますので

次の工程

プレスフィットBBを取り付けていきます。

 

プレスフィットBBを取り付ける

選んだのはDURA ACEの

プレスフィットボトムブラケット

無難な選択という奴ですね。

 

プレスフィットBBを取り付けるのは

半年ぶり以上、2回目なので

「どっち向きだったかなぁ~」と

思ったのですが

本体に書いてくれていました!

SHIMANO製品は親切!

 

あとは平行にセットし

コーナンで購入した総額400円くらいの

自作プレスフィット取付け工具で

取り付けました。

 

少し心配していた精度は

問題ないと思います!

 

プレスフィットが取り付いたので

次はハンドル周りを組み立てていきます!

 

ハンドル・ステムを取り付け

ステムをフォークに装着します。

 

ステムの精度は

無理やりねじ込むと

内面の滑り止めをゴリゴリ削りながら

入っていくけど

抜けなくなるよ!

というような精度

 

というわけで

ステムの内面を布ヤスリで削ってから装着しました。

滑り止めごとヤスリで削る事になりましたが

致し方なしです。

たって入らないだもん。

 

ハンドルは特に問題無い感じ。

今の所ですが・・・

 

ステム・ハンドル共にICAN(アイカン)で購入。

 

前後ブレーキをセット

ブレーキはナットで固定するだけ

まだ仮止めの段階。

 

他の部品を取り付ける

クランクをつけて

サドルをつけて

タイヤをつけて

完成したらこんな感じになります♪って画像

意外とかっこいい♪

 

クランクは

170mmにしようと思ったのですが

長いクランクで練習してきたせいか

短いクランクに違和感を感じるので

180mmクランクにしました。

 

 

ブレーキ配線

ブレーキ配線も凄く久しぶりです。

 

よく短くしてしまうので

余裕をみてケーブルをカットしてみたら

長過ぎましたw

 

修正して

これぐらいでしょうか?

 

後は同じようにフロントブレーキも配線したら

ブレーキはOK

 

シフトケーブル配線

フロント・リアディレイラーのセッティングをして

ケーブルを添わして

長さを測って切って

ワイヤーを通して

変速を確認したら出来上がり!

 

完成して試乗してみた(100mくらい)

完成したので試しに

家の周りを乗ってみました!

結果

色々な所から音がなっていますねーwえぇ

異音です。異音

 

ブレーキの異音

リアブレーキを一度握ると

元に戻りません。

その為、常にブレーキシューが当たった状態。

これはマズイので

分解して掃除したいと思います。

 

フロントディレイラーからの異音

毎度おなじみ

フロントディレイラーとチェーンが接触して起こる

異音ですね。

これは、どれだけ調節しても

素人の僕では上手く調節出来ません。

なので

一番使わないギアを犠牲にしますw

インナートップさん、さようならw

 

最後は

リアディレイラー

ここもセッティングが甘かったようで

少し異音がします。タブン

 

以上が

今の所、気付いた異音箇所です

1年ぶり以上なので

セッティングがぐだぐだです。

 

これは

これから乗りながら

調節したいと思います!

 

中華カーボンフレームを組んでみて

フレームの精度は

組立てる段階だと

ほぼ問題ありませんでした。

 

ケーブルを通す補助がされてあったり

取付かないと言った不具合はなく

順調に組立てれたと思います。

 

フォーク部分に

色々問題はありましたが

修正出来ない不具合ではなかったので良かったです。

ただ

アイカンフレームはヤスリ必須ですね。

 

次は乗ってみての

感想を書きたいと思います!

 

そして

400kmブルべはこれで参戦します!

 

一言

変速をバッチリ決められる

ショップのスタッフさんは本当に凄いと思います。シミジミ

今回購入したフレームはこれです。









-ロードバイク

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.