iphone修理

自分のiPhone6のフロントパネルが割れたので交換www注意点など詳しく解説するよ!

更新日:

以前、ヤフオクで落札した

ジャンクiPhone6を修理して使っていました。

落札価格9000円、修理費用2500円くらい

中古ですが1.15万円でiPhone6を使えるのは良いですね♪

ipohone6Sが安くなったらそっちに乗り換えようと思いますw

 

ちょっと脱線してしまいました。

話を戻して

そのiPhone6を落としてしまいフロントパネルを割ってしまいましたorz

フロントパネルを割ったのはiPhone5s以来なので

おそらく3年以上ぶりです。

以外とショックですねw

画面を見るたびに

 

割れてる・・・orz

って気持ちになるので・・・

 

後、一か所割れてしまうと

そこから、どんどん割れていき

運が悪いと液晶まで壊れてしまいます。

というわけで

早急に交換したいと思います。

 

それでは

 

iPhone6のフロントパネルを自分で交換!注意点などを詳しく解説します!

iPhone3GSから分解していますが

iPhone6のフロントパネルを交換する難易度はそれほど高くありません。

一番難しいのは

iPhone4sかなw

新しくなるたびに簡単になっていっています。

 

そんなiPhone6のフロントパネル交換の手順は

 

手順

部品を外す作業

1.電源を切る

2.バッテリーのコネクターを抜く

3.フロントパネルを外す

4.フロントカメラ、近接センサーを外す

5.ホームボタンを外す

6.バックパネル?を外す

7.プラスチック部品を外す

 

新しいフロントパネルに部品を移植

8.バックパネルを取付ける付ける

9.ホームボタンを取り付ける

10.プラスチック部品を取り付ける

11.フロントカメラ、近接センサーを取り付ける

12.本体とフロントパネルを取り付けて完成!

 

おおまかな注意点は

1.ネジをなくさない

2.ネジの場所は覚えておく

3.ネジを締めすぎない

3.断線には気を付ける

4.一応、静電気には気を付ける

 

ぐらいかな。

それでは作業開始します!

 

作業開始

せっかくなので時間を計りながら作業したいと思います。

ヨーイ

スタート!

すでに10秒タイムロスw

 

1.電源を切る

まずは電源を切ります。

 

2.バッテリーのコネクターを抜く

バッテリーのコネクターも外します。

今回は自分のiPhoneなので付けたまま作業しました。

心配な人は外して下さい。

 

3.フロントパネルを外す

特殊ドライバーでフロントパネルを固定しているネジを外します(2ヶ所)

工具は付属している物を使用

外れたらペッタンを使い

フロントパネルを浮かして開閉するのですが

僕はペッタンは使いません。

赤→部分に切欠きがあるのでそこに

直接、ピックを差し込みます。

ぐりぐりしたら入ります。

入ったらピックをスライドさせ

フロントパネルを浮かします。

浮かしたら開けます。

 

※注意点

iPhone上側でフロントパエルと本体が

ケーブルで繋がっているので

断線しないようにゆっくり開けます。

 

開けたら、フロントパネルを持ちながら

マイクロドライバーでネジを外していきます。

 

工具は

別で購入したドライバー。

ネジは5ヶ所

※注意点

ネジは無くさないように

ネジの長さが違うので、外した場所が分かるように置いておきましょう!

コネクターを外せば、本体とフロントパネルの取り外しが完了!

 

4.フロントカメラ、近接センサーを外す

フロントパネル上部分に

フロントカメラと近接センサーのコネクター群があるので

これらを取り外します。

ネジは3ヶ所

押さえている金具を外したらフロントカメラを外します。

フロントカメラは持ち上げると簡単に外れます。

ヒョイっと

はい、簡単ですね♪

フロントカメラを外すと

下画像の部品(イヤースピーカー)も簡単に外れます。

近接センサーもはまっているだけなので

簡単に外れます。

ヒョイっと

 

赤→の部分が両面テープで固定されています。

ここは道具を使って外しましょう!

使う道具は

つまようじ!

下画像のように注意しながらグリグリして外します。

断線しないように気を付けましょう!

外れたらこんな感じです。

 

5.ホームボタンを外す

続いてホームボタンを外します。

 

ホームボタンは!!!

替えの効かない超大事な部品!!!

ここを交換してしまうと指紋認証が出来なくなります。

(それ以外は普通に使えますが)

なのでフロントパネルが割れてもホームボタンだけは死守して下さいw

 

と言うわけで

取り外していきます。

 

まずは押さえ金具を外して

ネジは2ヶ所

 

コネクターを外します。

コネクターは下画像の場所

ここは簡単に外れます。

 

コネクターを外したら

両面テープを外し(断線しないように気を付けましょう!)

ホームボタンを押せば外れます。

 

6.バックパネル?を外す

裏のパネルを外します。

このパネルにはホームボタンと本体を繋ぐ

ケーブルが一緒になっています。

それを外すのが少し厄介

ネジは

左右側面に3ヶ所ずつ

下に1ヶ所の

合計7ヶ所

 

下画像のコネクターが両面テープで固定されています。

ここの部分の両面テープを外すのが

一番難しいです。

 

理由は、コネクター裏部分に

アルミか鉄の板が貼り付けられていて

それが硬いので

柔らかい素材の物で外そうとしても

なかなか上手くいきません。

失敗したら断線する可能性があるので注意が必要です!

 

今回はつまようじで外しているので

つまようじでトライしたいと思います

慎重にゆっくりグリグリやったら

一応外れました

つまようじでやるのはオススメ出来ませんねw

赤丸部分がアルミか、鉄の板

オススメはしませんが

つまようじで外す場合は

ドライヤーで温めてから外すのが良いと思います。

 

鉄のヘラなら割と簡単に外せるんだけどね。

 

7.プラスチック部品を外す

購入したフロントパネルに

赤→のプラスチック部品が付いていたらラッキーです!

まー大抵ついていませんがw

 

というわけでこの部品も外しておきます。(2ヶ所)

つまようじでも取れると思いますが

取れない場合は、ドライヤーで温めてから外して下さい。

こんな感じに外れます。

必要な部品は一通り外せましたので

続いて、新しいフロントパネルに移植していきます。

使用するのは、こちらのコピーフロントパネル。

中国の方に聞いたのですが

作った会社によって裏側が違うそうな・・・

裏みれば大抵どこが作ったか分かるそうです。

 

このフロントパネルは

シャープと同じ価格のコピーフロントパネル。

そこそこ良い物wタブン

 

8.バックパネルを取付ける付ける

取り外しは難しいですが

取り付ける時は簡単。

ネジを間違えないように締めていき

コネクターを取り付ける。

僕は残った粘着力を利用しています。

粘着力がなくなっていたら

両面を貼り直しますが・・・

まぁ一回目だとそのまま使います。

 

9.ホームボタンを取り付ける

ここも同じです。

コネクターを取り付け

残った両面の粘着力で取り付け

ホームボタン周りも

汚れを取って残った粘着力で取り付けます。

押さえ金具を取り付けたら

ホームボタンは完成。

 

※注意点

ホームボタンを押さえている金具のネジは

緩すぎるとホームボタンを押した時の感触が変わるので

確かめながら締めていくと良いと思います。

 

10.プラスチック部品を取り付ける

フロントカメラ、近接センサーのプラスチック部品を取り付けます。

使うのは100均で購入した接着剤

直接つけず

適当な場所に垂らしてから

プラスチック部品に塗ります。

※注意点は

接着剤をつけすぎない事

 

11.フロントカメラ、近接センサーを取り付ける

取り付ける時の最難関である

近接センサー、フロントカメラ群のケーブルの取り付け

慣れれば簡単なのですが

初めてだと難しいと思います。タブン

 

まず、近接センサーをプラスチック部品にはめ込みます

次に取り外した

イヤースピーカーを挟み込み

上からフロントパネル&ケーブルで覆い

押さえ金具を取り付ければOK!

 

※注意点

無理に取り付けないで

しっかりとはめ込む場所、穴を合わせる。

 

近接センサー、フロントカメラケーブル群を取り付けたら

ケーブルの順番をチェックします。

 

下画像のようになっていたらOK

普通に取り付けたら大丈夫だと思います。

一応こんな感じです。

これで

フロントパネルの移植作業完了です!

 

12.本体とフロントパネルを取り付けて完成!

後はフロントパネルと本体を取り付けて

※注意点

抑え金具を取り付ける際

ネジは締め付けすぎず

硬くなってからクイっと回すだけでOK

締め付け過ぎると下のナットが外れます。

 

はめ込み

特殊ネジで固定したら完成です!

 

 

掛かった時間は?

掛かった時間は38分38秒

写真撮りながらだったので・・・

と言い訳しておきますw

 

使った工具は

使った工具は下画像となります。

  1. マイクロドライバー(300円)
  2. ヘラ(付属)
  3. つまようじ
  4. 接着剤(100均)
  5. ピック(付属)
  6. 特殊ドライバー(付属)

 

接着剤が取れにくい場合は

ドライヤーで温めましょう!

 

僕がフロントパネルをアマゾンで購入する時の注意する事

僕がフロントパネルをアマゾンで購入する時の注意点を書きたいと思います。

 

注意点は

評価が高い所で購入する!

だけですw

 

アマゾンだと返品は出来るので

返品には気をつけなくても良いかなぁ〜と思います。

 

今は以前と違い品質も良くなっているので

そこまで気にしなくていも良いのかなと思います。

 

ただ、極端に安いところは要注意です。

iPhoneのコピーフロントパネルを生産している会社はいくつかあるようで

今まで問題なかったのに突然品質が悪くなる場合もあるようです。

 

僕が直接購入した時(中国から)

そのフロントパネルの価格だけ、他のフロントパネルに比べ数百円安かったです。

 

この時は購入しませんでしたが

ヤフオクで落札したiPhone6sにそのフロントパネルが使われていましたw

(出品者の住所はiPhone修理業者さんw)

結果

指紋認証が使えませんでしたw

 

直接輸入したパネルと交換したら

使えたので、そうゆう事だと思いますw

 

一言

自分で交換すると工具混みで3000円くらいですね。iPhone6の場合。

 

 









-iphone修理

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.