町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

ビジネス用途のパソコンを自作するよ〜!

   

 - PC自作

前回の記事で

会社用パソコンのお見積りを依頼されました。

会社用に自作パソコンのお見積りを依頼されました。

正式に依頼され

いろいろ細かい設定を決め

core i3 6100のCPUで自作する事になりました!

それでは

 

※お見積り段階と構成が多少変更されていますが了承してもらっています。

ビジネス用途のパソコンを自作

まずはケースを開けます。

IMG_7837

このケース、こんな感じに持ち上がります!

これは便利!

IMG_7839

フロント部分のカバーも簡単に取れます。

IMG_7843

電源は300Wの80PLUSゴールド!

80 PLUSは、コンピュータ電源ユニットの電力変換効率に関する規格の1つである。デスクトップ型、およびサーバー型のコンピュータに用いられる複数の電圧出力が求められる電源ユニットにおいて、交流入力から直流出力へ変換する際に、電力変換効率が80%以上の変換効率を備える製品に与えられる認証である

wikipedia参照

80 PLUS

スタンダード

ブロンズ

シルバー

ゴールドと4種類のランク付けがあり

今回はその中で一番変換効率の高いゴールド!!!

(他の物と価格があまり変わらなかったので今回はゴールドをチョイスw)

IMG_7841

DVDドライブは一番安かった

ASUSをチョイス。

IMG_7842

続いてSSDを取り付け

IMG_7844

 

マザーボードにCPUを取り付け

今回購入したマザーボード

B150M-Aですが

D3と書いています。

これはメモリの規格がDDR3ですよ!という意味です。

今回は依頼者の方がDDR3の

メモリを持っていたのでD3を選んでいます。

間違わないようにしましょう!

IMG_7845

裏面はこんな感じ

IMG_7846

続いてCPU

IMG_7847

この蓋は保証代わりになっているので

大切に保管しましょう!

IMG_7849

CPUを取り付ける時は向きに気をつけます。

間違った方向に入れると壊れます。

切り込みと四隅に記しがついているので

不安な人はマザーボードの説明書を読みましょう!

IMG_7851

最近はグリスがリテールクーラーの裏に

ついています。

いちいち塗らなくていいので便利すですね!

IMG_7853

取付るとこんな感じです。

上のCPU FANと書いてある

所に線を繋ぎます。

IMG_7854

CPUのセットが出来れば

いよいよマザーボード取り付けです。

 

ここでこのケースのちょっと感動した所を紹介

マザーボードを入れるのって

少しコツがいるんですよね。

出力する裏の部分の蓋がなかなか

入らなかったり

ネジ穴が合わせにくかったりします。

しかし、このケース

マザーボードを取り付けるネジが

マザーボードの穴に引っかかるように2段階になている!!!

IMG_7857

これでマザーボードを入れるのが格段にやり易かったです!

さすがAntecさん!

 

続いてこのケースのイマイチな所

スリムケースなので仕方ないのかもしれませんが

電源とDVDドライブの隙間が2cmしかなく

コネクターが入らないwww

IMG_7873

作業中断するのも嫌だったので

下の画像のような状態でセットアップしていきます。

IMG_7858

電源を入れる時はホント

ドキドキする瞬間ですが

今回も無事点きました!!!

IMG_7859

続いて

OSもインストールしちゃいます!

IMG_7860

OSインストールが終われば

ASUSのマザーボードについている

ドライバをインストールします。

IMG_7861

遅れてきたメモリ8GB

諸々のインストールは僕が持っているメモリを使いました!

IMG_7865

そして

2cmの隙間でも入るように

L型のコネクタを購入

IMG_7867

IMG_7868

取り付けて

配線を少しインシュロックで括ります。

特にFANに干渉しないように気を付けます。

IMG_7870

出来上がりはこんな感じです。

IMG_7872

大きく空いている所には3.5インチのHDDが入ります。

今回は、SSD256GBで十分らしいので入れていません。

 

2cmの隙間にも無事入りました。

IMG_7875

完成!

IMG_7876

 

今回の構成

OS

win7 pro 64bit

見積り段階では32bitと聞いていたのですが

どうやら64bitでも大丈夫だったようです。

CPU

Core i3-6100

マザーボード

B150M-A D3

DDR3のメモリを持っていたので

マザーボードもD3に変更

DDR4のメモリの場合

DDR3のメモリの場合

メモリ

手持ち

DDR3-1600

ストレージ

SSD256GB

ケース

Antecスリムケース

※スリムケースは電源・グラボが入らない場合があるので注意です。

電源

300w 80PLUS GOLD

 

総額

デスクトップパソコン

約61,700円

ディスプレイ

約15,980円

キーボード・マウス

約2,800円

合計

約80,480円(2016年4月)

 

パソコンの快適性

起動

20秒~30秒

ネット閲覧

ネット閲覧、動画も問題なくサクサク見れます。

ベンチクマーク(速度測定)

IMG_7866

参考までに

下はHDDの数値です。

4Kと言う場所が体感するスピードだそうです。

全然違いますねw

010

 

今回ご依頼頂いた会社は

知り合いの会社ですが

おそらく、この会社の中で

1番のスペックのパソコンになったと思います。

 

この会社のパソコンは

CPUがCeleron

ストレージはHDD500GB程度

メモリ2GB

と作業に支障をきたす構成のパソコンが多く

しかも、割と高い値段で買わされていたので

困って僕の所に相談に来て下さいました。

 

ちなみに価格は

今回僕が作ったデスクトップパソコンの2倍の価格だそうです。

 

まじか・・・orz

 

一言

ケース、電源、マザーボード

のランクを下げれば後、1万~1万5千円は安くなります。

ただ、不具合が怖かったので

良い物をチョイスしました。

 

有難うございました。

 

 - PC自作