町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

LogicoolのBluetoothキーボードK480が重い!!!中の鉄板を抜いたら重さ4割減になりました!

      2015/12/15

 - 買って良かった!

以前に紹介させてもらった

LogicoolのBluetoothキーボードK480

005

初めはずっしりして良いじゃないか!

と思っていたのですが

使っていると

 

やっぱ重い!!!

 

と思ってしまいます。

たまに使う物なら良いのですが

頻繁に使うと割とストレスになりますねw

 

さすがに我慢が出来なくなったので

分解して軽くしたいと思います。

 

それでは

 

軽量化します!

 

まずは分解

赤丸5カ所の螺子を外します。

これで蓋はとれます。

2015-06-18_23h28_55

僕はいつものように

側面にヘラを押し込んで外していきました。

ヘラはこのブログで毎回紹介させて頂いているアレですw

外すと蓋はこんな感じ

046

赤丸の計16ヶ所の螺子をすべて外します。

2015-06-18_23h33_40

外すと

2015-06-18_23h45_39

 

047

 

049

 

これで分解終了です。

 

次は軽量化をしたいと思います。

 

軽量化

用意するもの

100均で売っているプラスチック

僕が用意したのはこれですが、初めに言っておきますこれは失敗でした。

054

型をとって

055

はさみでカットしようとしたら・・・

067

バキッっと割れました。

この素材は硬さがある分

ちょっと脆かったです。

ハサミでは切れませんでした。

失敗。

 

次に試したのが

100均で買ったファイル

057

結果を言うとこれも失敗しました。

加工しやすかった分強度が足りませんでした。

 

次に試したのが

また100均のプラスチックのトレイ

すいません!作業に夢中になり

写真撮るの忘れました!残骸ですが参考までに

007

結果から言うと、これが成功でした!

 

それでは作業を紹介していきます。

①まずは、型を取ります。

ここで大事なのは穴の位置です。なるべく正確に取りましょう!

058

型を取ったら

 

②ハサミでカットしていきます。

型を取った通りにハサミでカットしていきます。

カットしたら次は

 

③穴を開けていきます。

使うのはドリルがあれば最適です。

僕が使ったのは

タミヤの穴あけキットですが

直径4mmのキリが必要なので

これがあれば便利だと思います。

ここで大事なのが4mmの穴と

上部にある切欠きです

切欠き部分は蓋とカチッとはまり込むので無ければ

蓋が閉まりません。

4mmの穴は

タップが開いている穴の外径が

すっぽり入るのが4mmだからです。

070

ちょっと汚いですが、これで蓋を閉めて

螺子を止めれば出来上がりです。

062

 

重さ測定

約500gになりました!

065

元々800g

1375

鉄板400gw

おもっw

064

 

軽量化後の使用感

ほぼ、変更前と同じです。

ただ左下2つのキー

Ctrlと右矢印だけ

押し心地がわるいです!

それ以外は

快適です!

 

今回使った道具

 

このセットを使いましたが4mmのドリルが無いです。

これを使いましたが4mmのドリルが使えないです。

 

僕がオススメするのはこちら↓

 

 

一言

かなり良い改造が出来ました!

 

 

おしまい

 - 買って良かった!