ロードバイク ロードバイクでキャンプ

ロードバイクをキャンプ仕様にしてみたよ!

更新日:

ロードバイクでキャンプをしたい!

というわけで

余っている自転車パーツを使って

キャンプ仕様にしてみました!

 

それでは

 

余っているパーツを使ってキャンプ仕様のロードバイクを組み立てる!

余っているフレームはコレ↓

ヤフオクで買った3万のアルミフレーム

今だったら後2.5万円くらい出して

ICANのカーボンフレーム買うかなw

だが

今回はキャップ仕様!!!

カーボンだとちょっと耐久性が心配

というわけで

アルミがいきるハズだ!シランケド

 

と言いますか

これ、何回ばらして組立すんだろうw

もう3回目のような気がします。

まーそれはさておき

 

早速組立てていくよー♪

まずはブレーキ!

ここは妥協できないので

余っているパーツでは無く

ちゃんとした105のブレーキを装着!

 

リアブレーキは

余っている古いティアグラのブレーキ

効きがそこそこ悪いので

後でブレーキシュー交換します。

 

クランクは

古いティアグラの銀色と迷いましたが

105を選択!

理由はなんとなく

 

リアディレイラーは

余ってるティアグラの古いの!

 

STIレバーも

余っているティアグラの古いの!

 

パーツのみ取付け完了!

サドルは2年前くらいに2000円で購入した物

ホイールはイタリアン組に失敗したホイールw

最近はRS21とICANカーボンホイールを使用しているので

手組のこのホイールは埃を被って待機していました。

スポーク本数が32本なので重い物を載せても大丈夫そうな予感w

 

後は配線して

チェーンを通したらまずは

ロードバイクの完成ですね♪

 

シフト、ブレーキの配線をして

チェーンを通したら

ペダルないけど完成!!!

 

ペダルは

ヤフオクでSPD-SLを1400円で落札、配送待ちですw

 

いよいよキャンプ仕様に!!!

1日かけてロードバイクを組み

そして

いよいよキャンプ仕様に仕上げていきます!

 

キャンプ仕様にする方法は色々あると思いますが

僕は

ガッツリ積載したいので

荷台をつけてその両サイドにパニアバックを取り付ける方法にします!

 

必要な道具は

荷台(リアキャリア)

タニアバック×2

 

ダボ穴が無い普通のロードバイクなので

荷台を固定する穴が必要です。

というわけで

クイックエンドリアアダプターと

シートポストクランプを購入

 

取付け

荷台の組み立て

ミノウラとイベラで凄く悩みましたが

耐荷重がイベラの方が良かったのでイベラの荷台を購入!

入っているのはこんな感じです。

ただ、イベラもミノウラも

荷台だけでは取り付けれないので

別途アダプターを購入

どっちが裏で

どっちが表か凄く悩んだのですが

メーカーが刻印されている方が表だろうと予測し

下画像のように取付けてみました!

左右同じように取付けないと荷台が傾いてしまうので

フレームに固定されるように取付けました。

 

シートポストのアダプターはこんな感じ

全体はこんな感じ

しっかりと固定されて良い感じなような気がします。

荷台が取り付けれたら

評判が凄く良い

オルトリーブのパニアバックを取り付けて

完成!!!

これで40Lの積載量を確保!

そしてパニアバックを黒にしておけば良かったと早速後悔orz

 

キャンプ仕様で掛かったお金

パニアバック11,700円

荷台(リアキャリア)3,199円

シートアダプター1,080円

クイックエンドアダプター1,080円

合計17,059円

 

一言

余ったパーツで組んだから

スプロケットが25tまでしかない

荷物載せて山登れるか心配ですwww

 

片道10kmのスーパーまで試走してきました!

キャンプ仕様のロードバイクに乗って30km走行!進むと思ったら勘違いでござったwww

ついでに坂道も走って来たので

良かった読んでみて下さい!

 









-ロードバイク, ロードバイクでキャンプ

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.