町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

明るさ比較して分かったロードバイクのライトおすすめはコレ!

      2016/11/17

 - ロードバイク

ロードバイクを購入し

通勤などで乗っていると

どうしても夜走る機会が出てくると思います。

 

また、働いていると

トレーニングする時間が

夜、または早朝になってくると思います。

 

夏のように日照時間が長ければ

ライトも必要ないのかも知れませんが

冬はそう言う訳にはいきません。

17時半頃には外は真っ暗。

 

こうなってくると

ライトは必須になってきます・・・

 

ライト必須は分かった!

 

じゃあ

どのライトがいいんだ!?

 

100ルーメンか?

200ルーメンか?

それとも

800ルーメンか?

 

って

800ルーメンってどれくらいの明るさだ?

山道は大丈夫なのか?

 

となり

「どうせなら一番明るいの買ってやる!!!」

去年、購入したのが

VOLT1600です。(1600ルーメン)

 

それから

340km24時間のロングライドを行い

2灯目の必要性をガンガンに感じた訳で

理由は

ライトの充電が切れそうになり

山道を一番小さい光or点滅で

やり過ごさなければいけない状況に陥った為

 

2灯目は

800ルーメンか?

400ルーメンか?

と悩んだ結果

 

VOLT1600(1600ルーメン)

VOLT800(800ルーメン)

VOLT400(400ルーメン)

VOLT200(200ルーメン)

HL-EL540RC(170ルーメン)

CATEYEの主要ライト全て揃える事にしました!

volt

CATEYE公式サイトのラインナップ

VOLT6000

VOLT100

HL-EL340RC

の3灯は購入していません。

 

理由は

VOLT6000は10万するのでパス

VOLT100は明るさ使用時間が残念なのでパス

HL-EL340RCは上グレードの540RCを購入したのでパス

 

VOLT1600~VOLT200まで揃えたので

明るさを比較してどれがオススメなのか

書いていきたいと思います。

 

これからライトを購入しようと考えている方の参考になれば幸いです。

 

それでは

 

明るさについて

明るさの単位

ルーメン、カンデラ、ルクスで表されるようです。

ルーメンとは

光源から出る、全方向に放射される光の総量を「全光束」(ぜんこうそく)と言い、単位をlm(ルーメン)で表します。一般的に全光速の数値が大きい光源(電球)を明るい光源と言います。

 

カンデラとは

光源から出る、光の強さ(ある方向に放射される光の量)を光度といいます。中心光度、最大光度という使われ方が一般的です。

 

ルクスとは

光源によって照らされている面の明るさを照度といいます。照明設計の基本になるもので、場所や作業内容ごとに照度基準がJIS規格で定められてます。

ライトは主にルーメンか、カンデラで表記されているようで

数値が大きい方が明るいと言った感じです。

 

50ルーメンってどれくらいの明るさ?

50ルーメンの明るさがあるライトは

VOLT200とVOLT400です。

 

VOLT200の場合

VOLT200のローモードが

50ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt200-50-1

暗すぎてライトの意味が無いような・・・

使用時間は6時間と短め

 

VOLT400の場合

VOLT400のローモードが

50ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt400-50-1

VOLT200の50ルーメンより

若干明るいように感じますが・・・

使用時間は18時間とかなり持ちます。

 

100ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で100ルーメンなのは

VOLT100とVOLT400ですが

VOLT100は購入してないので飛ばします。

 

VOLT400は

ミドルモードが100ルーメン。

 

VOLT400の場合

VOLT400のミドルモードが

100ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt400-100-2

う〜ん暗いですね

実際、走行しても暗かったですw

 

使用時間は8時間と

ミドルモードなのに割と長持ち。

 

170ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で

170ルーメンなのは

HL-EL540RCのみとなります。

 

HL-EL540RCの場合

HL-EL540RCのハイモードが

170ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

hl-el540-hi-1

スポットのような感じで

遠くまで照らしてくれます。

170ルーメンですが明るく感じました。

使用時間は5時間

他のVOLTシリーズのハイモードより

長い時間持ちます。

 

200ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で200ルーメンなのは

VOLT200

VOLT800

VOLT1600

となります。

 

VOLT200の場合

VOLT200のハイモードが

200ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt200-200-2

スポットのようにあたり

街灯が無い暗さだと死角が出来てしまいます。

使用時間は2時間

VOLTシリーズのハイモードは

だいたい2時間。

 

VOLT800の場合

VOLT800のローモードが

200ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt800-200-3

VOLT200より広範囲に照らしてくれるので

明るく感じます。

VOLT200では死角になっていた場所も

VOLT800の200ルーメンでは大丈夫!

 

使用時間は8時間

ローモードにしては短いです。

 

VOLT1600の場合

VOLT1600のローモード

200ルーメンはこんな感じです。

volt1600-200-1

VOLT800の200ルーメンより

さらに広範囲に明るく照らしてくれていますw

 

VOLT1600なら

ローモード200ルーメンの明るさだと

街灯のない堤防も安心して走行できます!

 

使用時間は15時間

 

 

400ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で400ルーメンなのは

VOLT400と

VOLT800となります。

 

VOLT400の場合

VOLT400のハイモード

400ルーメンはこんな感じの明るさとなります。

volt400-400-2

これぐらいの明るさがあれば

街灯のない河川敷も大丈夫そうですが

明るさの広がりが狭いせいか

「スピードを出すのはちょっと怖いな〜」といった感じ

 

使用時間は3時間

 

VOLT800の場合

VOLT800のミドルモードが

400ルーメンでこんな感じの明るさとなります。

volt800-400-1

VOLT400と比べても

「本当に同じ400ルーメンか!?」と思うほど

明るさが違いますw

 

これだけ明るければ

歩行者もランナーも確認出来るので

安心して走行が出来ます。

 

使用時間は3.5時間とちょっと短め

 

500ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で500ルーメンなのは

VOLT1600ミドルモードのみとなります。

 

VOLT1600ミドルモード

VOLT1600ミドルモードの

500ルーメンはこんな感じの明るさとなります。

volt1600-500-2

500ルーメンあれば

普通に走行する事が出来ますね。

 

使用時間は5時間

 

800ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で800ルーメンなのは

VOLT800ハイモード

のみとなります。

 

VOLT800ハイモード

VOLT800のハイモード

800ルーメンはこんな感じの明るさとなります。

volt800-800-2

ずーっと奥まで見えて

言う事無しの明るさです。

ここまでくると

向こうからくる人が眩しいんじゃないかと

心配になるくらいです。

 

使用時間は2時間

 

1600ルーメンってどれくらいの明るさ?

VOLTシリーズの中で1600ルーメンなのは

VOLT1600ハイモードのみとなります。

 

VOLT1600ハイモード

VOLT1600ハイモードの

1600ルーメンはこんな感じの明るさとなります。

volt1600-1600-3

すごく明るいです。

この明るさだと

ライトを下に向けていても

対向してくる人が眩しいと思います。

 

僕は2度

「眩しいねん!」と

怒られました。

 

1600ルーメンを使う時はお気を付け下さい。

 

使用時間は2時間

 

走ってきたよ!

サイクリングロード

サイクリングロードをVOLTのライトを持って

走ってきましたが

夜のサイクリングロードのような

街灯の無い暗い道を走る時は

最低400ルーメンくらいの明るさは欲しい所ですね。

 

VOLT200(200ルーメン)

volt200-200-4

よく見ると横に人がいます。

暗くて分かりづらいですが・・・

 

VOLT400(400ルーメン)

volt400-400-3

VOLT800(800ルーメン)

volt800-800-1

VOLT1600(1600ルーメン)

volt1600-1600-3

次は夜の山に挑戦します。

 

ロードバイクのライトおすすめはコレ!

VOLT1600〜VOLT200まで

使った結果、

僕のおすすめライトは・・・

VOLT800です!

img_1418

明るさ、バッテリーの持ち時間で言えば

VOLT1600が間違いなく上です。

価格も上ですがw

 

VOLT1600は

1600ルーメン2時間

500ルーメン5時間

200ルーメン15時間

明るさ、使用時間、共に

バランスが良いと思います。

VOLT6000が出るまでの

最上位モデルなので当たり前ですねw

 

特に

長時間持つモードが15時間あるのは有難いです。

常に暗い場所に行く訳では無いので

 

対して

VOLT800は

800ルーメン2時間

400ルーメン3.5時間

200ルーメン8時間

明るさは丁度良いのですが

バッテリーの持ち時間が微妙。

特に長時間のモードが8時間と短めなのが凄く微妙

 

これだと

すぐに充電しないといけないと思います。

 

単体で見れば

おすすめはVOLT1600

 

しかし

VOLT800はVOLT1600と違って

バッテリー専用の充電器があります!

 

VOLT800はバッテリー充電器がある!

VOLT800はVOLT1600と違い

バッテリー充電器があります!

 

バッテリーだけなら

VOLT1600のバッテリーも単体で売っていますが

VOLT1600のバッテリー充電器がありません。

 

なので

バッテリーのみで充電する事が出来ません。

これは地味に使い勝手悪いです。

 

対してVOLT800は

バッテリー用充電器があるので

バッテリー単体で充電する事が出来ます。

 

ロングライド、ブルペなどの長距離の場合でも

予備バッテリーを持っていれば

モバイルバッテリーと繋げて

走りながら

使っていない方のバッテリーを

充電する事が出来ます。

 

予備バッテリー

バッテリー充電器

モバイルバッテリーを揃えれば

僕が思うVOLT800の弱点を解消出来るので

そうなれば

一番使い勝手が良いんじゃないかなと思います。

 

これだけ揃えると

VOLT1600と同じぐらいの価格になっちゃいますがw

 

続いて大きさ・重さについて

 

3、大きさ・重さ

VOLT1600、VOTL800、VOLT400との比較ですが

VOLT1600は大きくて重いです。

img_1176

VOLT1600が240gに対して

VOLT800は133gと107gの違いがあります。

img_1151

続いてVOLT400

VOLT400は110gでVOLT800とは

23gの違いしかありません。

img_1121

つけた感じも

存在感のあるVOLT1600に対して

img_1425良い感じに収まるVOLT800

img_1427

一番スタイリッシュなVOLT400

img_1422

見た目、重さでは

VOLT400が一番ですが

VOLT800もそれほど変わりません。

 

おすすめライトまとめ

予備バッテリー、充電器、モバイルバッテリーで

VOLT800のバッテリーの持ち時間を伸ばせば

VOLT800がおすすめ!!!

 

単体ならVOLT1600がおすすめ!!!

 

ライト高すぎる!そこまで出せない!

と言う方は

VOLT400がおすすめです!

 

VOLT200は・・・・市街地のみですね。

 

一言

これから山に行ったり

ブルベに参加したりして

使用レポを追記していきます!

あと

ライトが増えても追記していきますね。

 

それぞれのレビューも書いていますので

よかったら読んでみて下さい。

【ロードバイク】CATEYE VOLT1600のレビューします!

CATEYE VOLT800を徹底的にレビューします!

CATEYE VOLT400を徹底的にレビューします!

CATEYE VOLT200を徹底的にレビューします!

エコノムフォース(HL-EL540RC)を徹底的にレビューします!

 

 - ロードバイク