3DCAD・3Dプリンター

【3Dプリンター】プレスフィットBB抜きを印刷してみたよ♪

投稿日:2018年11月5日 更新日:

前回の記事で

プレスフィットBBの抜き工具を書きました。

と言う訳で

今回はその図面をもとに

3Dプリンターで印刷していきたいと思います!

 

それでは

 

3DプリンターでプレスフィットBB抜きを印刷してみたよ♪

プレスフィットBBの図面はこんな感じ

出来上がりはこんな感じです。

 

部品その1、中に入れるやつ

プレスフィットBBの中に入れて

このパーツを押し出す事によって

BBが抜けます。

なので

この部品が一番大事!

 

3DCADで書いた形状はこんなんです。

印刷してみるとこんな感じ

割としっかりしています。

かかった時間は1時間程度

こんな小さい部品に1時間かかるとなると

大きい部品になると、凄く時間が掛かるんだろうなぁ~と

思いながら

プレスフィットBBにセットしてみる。

ん?

入らない・・・

どう頑張ってもはまらないョ・・・

 

これ、完全に設計ミスですね

図面を書いている時点で

面倒くさがらずに

干渉チェックするべきでしたorz

 

というわけで

形状変更します。

 

まずは

分割

入らない。

 

続いて

縮小

入らない。

厚みを薄くしたら嵌るかも知れませんが

強度が心配なので

厚みは変えません!キリッ

 

というわけで

さらに分割して

ちょっと形状変更

入るけど

微妙にセットしづらい

どうせなら

セットし易い形状にしたい。

 

試行錯誤する事、約3時間

(印刷2時間30分)

3DCADで干渉チェックは・・・してません!キリッ

 

出来たのがコレ!!!

円形にして、持つ所を作って

入れやすくしてみました!

 

早速セットしたのですが

中々良い感じ♪

 

何が良い感じかと言いますと

片手でセット出来て、セットする時間も

タブン10秒ぐらいで出来ます。

 

というわけで

他の部品もどんどん印刷していきます。

 

部品その2、筒

筒形状の押出し部品

これは長ささえ合っていれば問題ないパーツ

印刷完了!

 

部品その3、ボルト

3Dプリンターでネジ形状を印刷したらどうなるか?

ちゃんと使えるのか?

というのが疑問

というわけで

これも確認したい事の一つ

印刷物を見る限り

使えそうな印象です。

 

この後、

鉄ナット

3Dプリンターで出力したナット

を試しましたが

普通に使えました。

 

部品その4、ナット×2

ナットは

プレスフィットBBを押し出す時と

嵌め込む時、両方使えるように設計

これも試行錯誤をしてみました。

といっても長さを変えているだけですが・・・

 

部品その5、押さえ

押さえ部品は

フレームに当たるパーツ

1個目に印刷した物(画像左)は

寸法をきつくしたせか

他パーツが嵌る部分がギチギチだったので

ちょっと穴径を大きくして再印刷しました。(画像右)

 

部品その6、ワッシャー

ワッシャーも試行錯誤

2タイプ用意

これはプレスフィットBBを嵌め込む時に使います。

 

プレスフィットBBにセットしてみる。

印刷した部品をプレスフィットBBにセットしてみます。

 

まずは

中に入る部品

持つところを作ったので凄くセットしやすい!

 

中に入れる部品をセットしたら

次は筒を入れます。

筒を入れたら

別の輪切りのパーツを

中に入っている部品にはめて調整します。下画像

隙間が均等になるように調整しました。

 

後は

押さえパーツとナットをセットして完成!

部品の組み合わせはバッチリ!

 

後は

フレームにセットしてある

プレスフィットBBが抜けるかどうかですね。

 

つづく









-3DCAD・3Dプリンター

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.