ロードバイク

【ブルベレポ】BRM106 近畿200km 和歌山、前半は山岳、後半は強風www

投稿日:2018年1月8日 更新日:

Audax Kinkiが主催するブルべ

BRM106 近畿200km 和歌山(大阪チーム)

に参加してきました!

 

戦利品はこれ

 

それでは

 

BRM106 近畿200km 和歌山

参加費

1600円

スポーツエントリーでカード決済すると+200円なので

払う金額は1800円

レースなどに比べればとっても安いですね♪

 

定員

定員は100名

 

このイベントが人気なのか

たくさんの方が参加されていました。

去年参加したブルべより多い!

 

コース詳細

和歌山市~貴志駅~黒沢~しらまの里~印南町~日の岬~白崎海岸~和歌山市

距離は203.2km

獲得標高は2555m

下りは2575km

 

この地図、標高図を見る限り

辛いのは初めの山岳区間だと思っていたんです・・・

これを見る限りは・・・ね・・・

 

コース説明

オダックス近畿の公式サイトのコース説明には

まず最初に世界に名を馳せた「たま駅長」が長年勤めた和歌山電鐵貴志駅を訪れます、

その後前半部の山岳を抜けたあと、後半には和歌山の美しい海岸線(日の岬~白崎海岸)をお楽しみ下さい。

と書かれています。

 

でこのコースを走っての僕の感想は

後半の和歌山の美しい海岸線をお楽しみ下さいって・・・( ´,_ゝ`)プッ

こんな感じw

 

この日の天気

午前中曇り

午後晴れ

気温

最高9.4℃

最低0.4℃

 

僕の装備・所持品

上半身

ヘルメットはkabutoR-1 シールド付

メッシュキャップ

クラフトインナー

サイトウインポート上(冬用)

モーゼンの袖なしウインドブレーカー

インナーグローブ

グローブ

反射ベスト

 

下半身

サイトウインポート下(冬用)

 

シマノ冬用ブーツ

パールイズミシューズカバー

靴下

 

自転車装備

ライト

VOLT400、VOLT800

サイコン

ガーミン520J

 

パンク修理セット

ボトル(水)

 

所持品は

お金(1万円)

予備のウインドブレーカー

 

早速、イヤーウォーマーを忘れる大失態をしてしまう。

この日の為に購入したのに・・・orz

 

ブルべレポ

4時30起床

4時間睡眠で起床。

あまりの眠さと寒さに行くのを止めようか

真剣に悩むw

 

5時30出発

が、なんとか起き上がり用意して出発。

 

6時30到着

高速料金1800円

駐車料金500円

7時スタートなので急いで着替えをして

自転車の用意をする。

 

7時スタート地点を出発

ブリーフィングを済ませ

装備をチェックして貰ったら各自スタートしていきます。

 

早速、7人くらいの集団となり

時速28kmくらいで進んでいきます。

 

特に、何もなく1つ目のチェックポイントに到着!

 

チェックポイント①(7km地点)

ファミリーマートのチェックポイント

チェックポイントでは何かを購入し通過した証拠を獲得しなければなりません。

 

僕は忘れたマスクとチョコアーモンドを購入!

すぐに、マスクを装着し

スタートします。

 

まだまだ、たくさんの人と一緒なので

車の邪魔にならないように気を付けて走行します。

前にオダックスのベストを着た

如何にも速そうな人発見!

 

「よし!この人に付いていこう!」

と決めて走る。

 

10kmぐらい走って

少し喉が渇いたので

水を飲もうと

歯でボトルを開けたら前歯が欠けたorz

このボトル固すぎるんですよ!!!

 

プッシュするだけで

水が出るこのボトルを買う事を決心するw

さらに

Audaxのベスト着た人についていくも

ペースが遅い・・・。

初めの1時間を距離15kmで終わる・・・

信号があったにせよこのペースはマズイ!!!というわけで

急いでペースを上げる。

 

少し一人で走っていると

前に良いペースで走る人発見!

とりあえず、後ろに付かせて貰って

チェックポイントのたま駅長がいる貴志駅に到着

 

チェックポイント②(20.9km地点)

たま駅長がいる貴志駅

ここは写真撮影して通過するポイントなので

自分の自転車と駅舎を撮影して

すぐに出発。

 

しばらくの間、一人旅

 

でそのまま山岳区間に入っていく

 

最初の山岳(36.3km地点)

しばらく一人で登って行くと

前に自分と同じペースぐらいで登る方発見!

 

「よし!あの人に付いていこう」

とちょっとペースを上げ

距離を縮め、ある程度の距離まで来たら

距離をあけて同じペースで登る。

 

同じペースで登っていたら

数人の方を抜かせたので

普段近くの坂でインターバルの成果が出たかなと思って

記念撮影

標高395m

 

下山後のファミマにみなさん止まっていたので

止まったら

山で、僕の前を一緒のペースで走っていた方を発見!

 

声を掛けさせて頂くと

なんと!!!

50代後半!

しかも風邪気味だったようで

体調が悪いとの事

ロードバイクは年齢を重ねても楽しめるスポーツだと実感。

雨降っていたので風ぶり返さなかったらいいけど。

 

少しお話をさせて頂いて

すぐに出発!

 

と少し進むとサイコンに

【充電して下さい】の表示

「えーーーっ!マジで」って声出てた思います。

なにせ、予備バッテリー持ってきてない

地図も持ってきてない。スマホはあるけど

自転車に取り付けるバックは持ってきてない

というか元々持ってない。

 

リタイアしようかな・・・と一瞬頭をよぎりますが

とりあえず、誰かの後ろに付かせてもらって

ゴールを目指す事にする

 

サイコンの充電が無くなった時点で

密かに目標にしていた

「10時間を切るタイムでゴール」は諦めました。

 

チェックポイント③(60.4km地点)

しらまの里に到着する頃には

雨が降ってくる。

天気予報では雨なんて書いてなかったのに!

自転車もドロドロになるし

雨がみぞれみたいになるし

天候面がハードにw

 

平地を良いペースで走る方の後ろに

付かせてもらって一緒に走るも

どうしても

坂で抜いてしまう。

 

抜いてしまうが

地図がないので一人で走れない。

 

一人で走れないので

誰かを待つ。

 

を繰り返していると

凄く良いペースで走る方に抜かされる。

 

凄い速い人発見!

アップダウンのある山岳区間で

みるみる離されていったので

急いで、追いかける!

 

なんとか、追いついて

その後の山岳区間を

この方の後に付かせてもらって走る。

 

凄く良いペースで走ってると思うのですが

サイコンの充電が切れてしまっているので

時速何キロで走っているか分からないw

 

チェックポイント③(107.7km地点)

山岳区間をが終わって直ぐのチェックポイントであるコンビニ

辛い山は終わった~

後は海岸線の平坦な道を走るだけ~と

安堵して

休憩している、ラファを着た如何にも速そうな方に

「後、何キロありますか?」

と聞くと

「あと100キロぐらいかなぁ~」

と教えて頂き、

さらに

「ここからがさらにしんどいよ。向かい風とアップダウンで」

と教えて頂きましたw

「えっ!?」と心の中では思っていましたが

「有難うございます」と

お礼を言って立ち去る。

 

ココカラ更にシンドイデス・・・と?

意味わかんないw

だって平坦ですよね。

断面図だってほら

へいた・・・・ん???

 

良く見ると高低差はあまり無いですが

アップダウンが繰り返されています。

さらに、海岸線という事で

凄い向かい風w

 

先ほどお話しさせて頂いたラファの方が出発したので

急いで、後を追います。

 

少し進み

海岸線に出ると、物凄い向かい風w

ラファさんの後ろにいても

凄い風を感じます。

これ前に出たら凄いんだろなぁーと思いながら

後ろに付かせてもらう。

 

ラファさんと二人で

走っていると、先ほどまで一緒に走っていた

凄い速い人が、凄く良いペースで抜いて行く。

 

抜いて行ったのですが

先頭に出た瞬間に失速・・・

それぐらい向かい風が酷い

ラファさんとの差もあまり開かない。

 

というわけで

3人で走る事に。

 

3人で走るんだけど

ローテーションはしない。

 

そういえば

ブルべではあまりローテーションしてる人見たことないなぁ~。

 

ラファさんがおそらく気を使って

前に出るのですが

良いペースの方は

すぐに抜き返すw

 

なので

結局、競い合う展開に

それを少し後ろで眺めている僕

 

と言う図で

次のチェックポイントを目指す。

 

チェックポイント④(131.9km地点)

次のチェックポイント日の岬頂上付近

このチェックポイントに行く手前で

僕の脚に異変が!!!

 

なんと

両足太腿つりましたwww

 

ロードバイクを始めて以来、脚つったことなんか無かったのに

よっぽど良いペースだったのか

補給が上手く行かなかったのか(毎回)

分かりませんが

初めて太腿つりましたw

 

ちなみに

どれくらいの速度で何キロ走ったのかは不明。

なんてたってサイコンの充電が切れていますからねw

 

とりあえず

両足、太腿つってしまっては自転車が漕げませんので

降りて休憩する事に

 

少しすると

良いペースの人とラファさんが

仲良く2人で降りてくる。

まるでレースのようでしたw

 

僕は、3たび、リタイアを考える。

リタイアしても車はゴール付近なので

リタイアを諦める。

 

恐る恐る、自転車に乗り

太腿に力を入れず、ペダルを回す感じで

なんとか日の岬頂上に到達。

廃墟具合と綺麗な景色がミスマッチでしたw

 

その後、やっぱり

どこに向かうか分からないので

後続を待って合流させてもらう事に。

 

ここで後ろに付かせて頂いた方が

凄く優しい方で最後まで連れて行ってくださいました(笑)

 

チェックポイント⑤(157.9km地点)

白崎海洋公園

景色が綺麗なんだと思いますが

つった足と向かい風との戦いで

それどころではありません。

 

風でバランスを崩しそうになるくらい強かったです。

 

フィニッシュ!(202.9km地点)

その後も淡々と走り

やっと、ゴールに到着。

脚は痛いけど

ずっと後ろを走らせて頂いたおかげで

以前より疲れなかったです。

 

感想

たま駅長とかわいい事書いていますが

前半は山岳+雨、雪

後半はアップダウン+強烈な向かい風+足がつるで

中々辛い200kmでした。

 

まっ、長距離の練習不足ですね。

 

到着時間

時間は10時間45分くらい。

一度駐車場に戻り自転車を車に乗せて

着替えてからいったので

到着時間より遅いタイムで認定をうけました!

 

ゴール後

大阪チームの場合、カップラーメンとおにぎり、お菓子、ジュースなど用意して下さっているので

それを食して終了!

 

次のブルべに向けての反省点

補給食

今回も補給失敗しました。

足をつるまでに食べた物は

  • アーモンドチョコレート100円(1袋)
  • アクエリアス500ml

 

アーモンドチョコレートを走りながら食べていましたが

目がチカチカしていたのでエネルギーが足りていなかったのかもしれません。

コーラを飲んで、だいぶマシになりましが

次は、もっと早い段階でしっかりと補給しようと思います。

 

お昼はしっかりと食べるか

Mag-onを持って行くかですね。

 

充電、地図について

サイコンの充電が序盤で切れる大失態

速度、距離、地図などすべての情報が無くなったので

かなり辛かったです。

 

なので次は

サイコンにナビはさせず

iphoneのグーグルマップをナビとして使おうと思います。

フレームバックはこれにしようと思います。

荷物が入るものが良く、モバイルバッテリーやお金などはここに入れておこうと思います!

 

さらに

予備のキューシートを印刷しておくのは必須ですね。

 

服装について

今回もおそらく山付近は0℃近くだったと思いますが

今までの服装に

袖なしウインドブレーカーで十分に寒さは凌げました。

マイナスになると辛いかもしれませんが

0℃~5℃なら袖なしで十分ですね♪

 

一言

歯を治しにいかないとw

 









-ロードバイク
-

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.