町のWeb屋さん

SSD換装サービス始めました!

プレスフィットBBの取り外し工具を自作してみようと思う。

   

 - ロードバイク

プレスフィットBB着脱工具が

高いw

高過ぎるwww

着脱両方のセットで一番高い物が21,000円

MAGPIE BB2430 プレスフィットBB着脱用ツールキット

妥協して

叩いて抜き取る工具だと2,000円

BIKE HAND(バイクハンド) YC-1858-22 PRESS-FIT86専用 BB外し YC185822

入れる工具は2,916円

SUPER B(スーパービー) 19001 ボトムブラケットインストレーション BB圧入工具 19001

合計4,916円

それでも高い。

 

デュラのプレスフィットBBが

3,500円くらいなので

本体より工具の方が高い事になります。

 

なので

前回、プレスフィットBBを交換する時は

取外し工具のみ購入し

圧入する工具は自作しました。

 

圧入する工具は上手く行ったのですが

(多少の改良点はありますが)

購入した取外し工具は

フレームのダメージを考えると

出来れば2度と使いたくないレベル

 

なぜ2度と使いたくないかと言いますと

僕が購入したのは

叩いて取り外すタイプの工具で

樹脂ハンマー、金槌で叩く度に

「バイーン」と

フレームが凄く振動するんです。

 

素人ながらに

「こんなに振動して大丈夫?」と思うレベルです。

 

僕のフレームはそこまで高額じゃないので

そのまま叩いて抜き取りましたが

フレームが高額だと絶対にやりたくありません!!!

 

というわけで

次、プレスフットBBを交換する時の為に

ジワジワ取り外せる

取外し工具を自作しておこうと思います。

 

それでは

 

プレスフィットBBの取り外し工具を自作

プレスフィットBBの取り外し工具を自作する前に

まず、プレスフィットBBの測定をします。

 

今回測定するのは

Tiagra4600系コンポに付いている

プレスフィットBBです。

Oリングで止めているだけなので

3つに簡単に外れます。

必要な部分を測定していきます。

 

寸法測定開始

まずは真ん中の筒のような部分から

形状は下画像のような感じ。

手前はφ27.7~φ27.8くらい

奥はφ26.1ぐらい

その他に全長や

嵌め込み部分の深さなど

工具を自作する為に必要そうな寸法を測定して行きます。

 

一通り測定出来れば

次はベアリングが付いた部品を測定していきます。

 

ベアリング内径は

さすがにシビアですね。

φ24.02

反対側の広がっている部分はφ31.14

この部分(下画像)に引掛ける工具を作ります。

深さは

ざっくり、11.49mm

一通り測定した寸法が

こんな感じ

ベアリングが付いたカップリングを差し込む寸法が

左右で1mm違うのは何か意味があるのかな~と

思いながら測定終了。

 

※安物ノギス測定なので寸法はざっくりです。

 

この拾った寸法より

工具を作っていきます。

 

つづく。

 

 - ロードバイク