町のWeb屋さん

SSD換装サービス始めました!

ロードバイクの盗難対策にiPhoneを使うというのはどうでしょう?

      2017/08/19

 - ロードバイク

僕のロードバイクの盗難防止は

ワイヤーロックのみ

 

これでは心もとない

という事で

ロードバイクが盗難に合った時に

追跡出来るような”何か”をずっと探していました。

 

探した結果

Track R

GPSロガー

開発中止になった物や

開発中の物

などが出てきました。

 

未だに「これ!」と言った

追跡デバイスに出会えていません。

 

ちょっと期待しているのが

「Ping」という小型GPSトラッカー

価格は23,800円

年間使用料46ドル

120円計算で5,520円くらい

12ヶ月で割ると月々460円

 

「ん~ちょっと高いなぁ~」

と考えていると

「あれ、これって”iPhoneを探す”で追跡したら良いんじゃない?」

と今更ですが思いつきました。

 

というわけで

ロードバイクリアル追跡を

”iPhone探す”でやってみました!

 

それでは

 

ロードバイクの盗難対策にiPhoneを使ってみる。

用意する物

  1. iPhone2台
  2. 格安SIM
  3. サドルバック

 

1.iPhone2台を用意します。

iPhone2台必要なのがハードル高めですが

機種変更する時に

下取りに出していないiPhoneなどがあればラッキーですね。

 

僕は

ヤフオクで落札した物と

手持ちのiPadでやろうと思います。

 

もし購入される場合は

SIMフリーがベストなのですが

SIMフリー版は割高になる為

無理な場合は

Docomoがオススメです。

 

au・Softbankはちょっと微妙

理由は

 

次で書きます。

 

2.格安SIMを用意する

ベストはSIMフリーですが

SIMロックが掛かった物でも大丈夫!

ただ

SIMロックが掛かった端末は

使えるMVNOが限られてしまします。

よって月々の支払が高くなります。

これが微妙な理由

 

では、それぞれ見ていきます。

 

SIMフリーiPhoneを使った場合の最低利用料金

ほぼ、どこのMVNOが使えるので

一番安い所と契約する事が出来ます。

 

僕が調べた限り

nuromobileの0SIMが

500MB未満0円

 

iphoneを盗難追跡だけに使うなら

500MBも使わないと思うので

SIMフリーのiPhoneさえあれば0円ですね♪

 

続いてdocomoのSIMロックが掛かっている場合です。

 

docomoのSIMロックが掛かったiPhoneを使った場合の最低利用料金

docomoのSIMロックが掛かっている場合

使えるMVNOは

  • iijmio
  • OCN
  • 楽天
  • DMM
  • mineo
  • b-mobile
  • U-mobile
  • BIGLOBE
  • FREETEL
  • NifMo

となります。

 

docomoはロックが掛かっていても

契約で出来るMVNOが多いです。

これがdocomoのiPhoneをオススメする理由です。

 

データSIMが一番安いのは

FREETELで299円(税別)のようですね。

 

普通にセカンドスマホにしたい場合だと

楽天、iijmioあたりがオススメかな。

 

続いてau

 

auのSIMロックが掛かったiPhoneを使った場合の最低利用料金

auのSIMロックが掛かっている場合

使えるMVNOは

  • mineo
  • UQ
  • iijmio

となります。

 

mineoの500MB 700円が最安値ですね。

docomoに比べ契約出来る会社が少なく

月々の支払が高くなるのが微妙な点です。

 

最後にSoftbank

 

SoftbankのSIMロックが掛かったiPhoneを使った場合の最低利用料金

SoftbankのSIMロックが掛かっている場合

使えるMVNOは

  • B-mobile
  • U-mobile
  • スマモブ
  • Yモバイル

となります。

 

この中で最安プランは

B-mobile、U-mobileの

1GB 880円のようですね。

 

Softbankも

docomoに比べ契約出来る会社が少なく

月々の支払が高いのが微妙な点です。

 

docomoのiPhoneを持っている方は大勝利と言った感じでしょうかw

 

(2017年8月時点の料金を参考にしています。)

 

 

3.サドルバックに入れておく

iPhoneを用意し

MVNOと契約したら

後は

ファミリー共有or友達登録してサドルバックなどに入れておけばOK♪

 

「iPhone探す」を試してみたよ!

妻にiphoneを持って行ってもらい

どんな感じに見えるか確認しました。

 

青い○が僕が持っているipad

緑が妻が持って行ったiphoneとなります。

 

ヌルヌルと

リアルタイムに動いて確認出来るのかな~と

思っていましたがそれは無理でしたが

常にアップデートする事で

ほぼリアルタイムに近い感じで

場所が分かりました。

移動しているので

アップデートする度に居場所が変わります。

下画像は信号待ちしています

信号渡る動きも把握できる(妻に後で確認)

 

iPhoneを探すを使ってみて

再読み込みすればほぼリアルタイムで場所を特定する事が出来ます。

 

さらに

画像右上にはバッテリー残量が記されているので

あとどれくらいバッテリーが持つか

おおよその目安にもなりますね。

 

盗難にあった場合

これだけ精度良く、ほぼリアルタイムに場所を特定できれば

ばれない限り居場所を突き止める事が出来ると思います。

 

 

まとめ

1台はメインで使っているiPhoneを使い

2台目は格安SIMで運用

simフリーiPhoneなら月々ほぼ0円

docomoロックのiPhoneなら月々299円(税別)

auロックのiPhoneなら月々700円(税別)

SoftbankロックのiPhoneなら月々880円(税別)

 

2つのiPhoneをファミリー共有なり同じアカウントにするなり

にしてお互いの位置情報が分かるようにする。

 

これでほぼリアル追跡が出来る

GPS装置の完成ですね♪

 

お店に入った時など

割と心配してしまうのでこれで少し安心出来ます。

 

一言

家族とファミリー共有して

iPhone探す登録しておくのも良いかもですね。

 

 - ロードバイク