町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

完組ホイールsimano WH-RS21と手組みホイールDT-SWISS RR440を比較します!

      2016/09/14

 - ロードバイク

コスパ最強?の完組ホイールsimano WH-RS21と

IMG_0155

手組みホイールで唯一の非対称リムである

DT-SWISS RR440

IMG_8252 copy

が手元にあるので色々比較していきたいと思います。

 

それでは

 

完組ホイールsimano WH-RS21と手組みホイールDT-SWISS RR440の比較

どちらもサイクルメンテナンスさんが

オススメされているホイールです。

この動画ほんと面白いので

オススメです!

 

まずは価格から

手組みホイールDT-SWISS RR440(前後)で

33,445円(工具代抜き)

simano WH-RS21は18,753円

 

う〜んRS21安いですね〜。

 

重量

DT-SWISS RR440は

フロント 868g

リア 1088g

合計 1956g

 

simano WH-RS21は

フロント 805g

リア 1072g

合計 1877g

 

WH-RS21の方が79gほど軽いですね。

 

RS21のホイールのみの重量が534g

RR440のリアホイールの重量は約460g

ハブも

RS21のハブより105の方が軽いので

結局スポーク重量と本数が

そのまま重量の違いになっていますね。

 

リアは両方、非対称リム

RR440も

WH-RS21も共に

非対称リムになっていますね。

 

非対称リムだと

どうなのかはサイクルメンテナンスさんの

動画で説明してくれています。

 

実走

2人で平坦のサイクルロードを40km

途中20kmでホイールを交換し乗り心地を確認してきました。

 

往路

僕がRR440

初めは僕がRR440を乗ります。

RR440は乗り慣れているので

いつも通り、回す感じでペダルを踏めば

30km/h以上で巡航するのは

それほど辛くありません。

ちょっと踏んだりすると

35km〜38km/hぐらいまで出ます。

 

友人がWH-RS21

距離10kmぐらいまで

ついて来ていましたが

その先は

僕が緩めたら追いついてきて

踏めば離れて行くと言った感じで

ちょっと辛そうでした。

 

友人はロードバイクに乗って2回目です。

 

復路

帰りはホイールを交換し

僕がRS-21 友人がRR440

 

僕がRS-21

30km/hで巡航してみて

RR440より軽いと感じがしました。

 

ただ、

RR440のような

踏んでグイグイ進む感じはないような・・・

僕が使いこなせていないだけかもしれませんが

 

40km/h以上を出すのは

DT-RR440の方が楽かもしれません。

 

友人がRR440

僕が35km〜38km/hぐらいで

数キロ走った時に

ちょっと離れたかな〜と後ろを確認すると

付いてきていましたw

 

友人はロードバイクに乗って2回目なので

良く分からないそうですが

行きより、帰りの方が

付いて行くのが楽だったそうです。

 

あくまで

僕と友人の主観です。

そして

劇的に「これ凄い!!!全然違う!」

という訳では無く

気をつけて乗ってみると

「なんとな〜く違うかもw」

というレベルの話でした。

 

次は山で比較したいと思います。

 

一言

練習用で、11速対応

なるべく安くならWH-RS21オススメだと思います。

 

 - ロードバイク