未分類

僕が古く固着したシールを剥がした方法

投稿日:2017年1月13日 更新日:

子供が窓にシール貼り付け(柄付きクラフトテープ)

15年以上が経過しました。

状態は

カリカリに乾いて

手では外せない状態

 

ならば

ヘラで取ろうと思ったのですが

表面が削れるだけで

全く取れません。

 

それでは

 

古く固着したシールを剥がす方法

調べると

  1. ドライヤーで温める
  2. 中性洗剤を塗る
  3. お酢を塗る
  4. ジッポライターのオイルを塗る
  5. ハンドクリームを塗る

という方法があるようです。

 

僕が試した方法

1、ドライヤーで温める

2、中性洗剤を塗る

3、専用シール剥がしを塗る

 

結果から言いますと

全く効力が無かったのが2番の中性洗剤でした。

 

そして

一番効果があったのがドライヤー

 

ただ、今回

剥がさなければならない場所が多く

ドライヤーだけでは時間が掛かりすぎる為

強力シール剥がし液を購入し

ドライヤーで温めると言う混合技で剥がしました!

この強力ラベル剥がし第四類第ニ石油類と書いてあるので灯油なのかなと思います。

間違えていたらすいません。

匂いは灯油そのものでした。

 

作業開始

1、まず強力ラベル剥がし液を塗り30秒ほど時間をおきます。

2、ヘラで削る。

すると骸骨だけ残して、白い部分が剥がれていきました。

 

3、もう一度「強力ラベル剥がし液」を塗り30秒ほど放置しヘラで剥がすと

やっぱり黒い部分のみ残ります。

 

5、後は残った部分をドライヤーで温めヘラで剥がしていきました。

すると粘着部分のみ残るのでまた「強力ラベル剥がし液」を塗ってヘラで綺麗にとりました。

 

作業前、このテープが端から端まで貼られ4列ありましたが

試行錯誤しながら4時間作業して

綺麗に取れました!

(作業終わりが夜になったので次の日に撮影)

 

使った道具

剥がしヘラ

使い勝手が良かったです。

 

強力ラベル剥がし液

灯油の匂いがするので締め切った部屋でやると凄く臭いです。

使う時は換気しながらやりましょう!

ジッポオイルでも代用出来ると思います。

 

ドライヤー

一番活躍したドライヤー

接着材は温めると軟化するので

使う事が多い気がします。

ヒートガン買おうかな。

 

一言

試行錯誤しながらだったのですごく疲れました。

シールの残骸です。

 









-未分類

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.