町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

【ロードバイク】⑨ホイール手組み 総括編

今回で最後

ホイール手組み 総括編です!

IMG_8254 copy

それでは

 

掛かった金額からいきます!

ホイール本体に掛かったお金

フロント・リア リム 21,740円

amazonで購入

フロント

リア

僕が調べた限り非対称のリムが良いらしく

リム個別販売で、非対称なのはDT-SWISSのみだそうです。

なので、MAVICでは無くDT-SWISSにしました。

IMG_8253 copy

IMG_8252 copy

 

フロント・リア ハブ 8,101円

Wiggleで購入

SIMANO HB-5800 32H 105

5800系フロントハブが3,288円

5800系リアハブが4,813円

 

アマゾンだと

5800系フロントハブが3,302円(2016 5月現在)

5800系リアハブが5,332円(2016 5月現在)

 

アマゾンと比較しても533円ほどしか変わらないので

早く欲しい人はアマゾンがオススメです。

ちなみに

Wiggleで注文し、送料無料にすると

注文してから11日後に届きました。

 

スポーク・真鍮ニップル 3,604円

サイクルショップタキザワさんで購入しました。

IMG_8160 copy

スポーク1本40円で真鍮ニップル付き

僕は32H×2で64本発注したので

2,560円ですが

 

送料500円と代引手数料300円と消費税266円で

合計3,604円でした。

 

タキザワさんの発送が物凄く早く

発注後、翌日には届きました。

 

工具に掛かったお金

振取台 9,490円

アマゾンで購入

IMG_8201

FT-1とFT-1 COMBOがあり

違いはニップル回しがついているかどうか

レビューには、ニップル回しが使い物にならないと

書き込みがあり、あまり期待していませんでしたが

ホシスポークに付いてくる真鍮ニップルには

なめること無く、十分使えました!

 

価格も一緒くらいなので

買うならニップルが付いている物がオススメです。

 

スポークテンションメーター 7,009円

Wiggleで購入

IMG_8205

これもアマゾンと約380円しか変わらないので

アマゾンで購入するのが良いかなと思いました。

 

ニップル回し 439円

アマゾンで購入

IMG_8203

HOSHIの真鍮ニップルにピッタリでした!

振取台に付属してくるニップル回しでも

十分だったのですが

持つ場所がコーティングされたニップル回しが使いたくて購入。

どっちが良いかと言いますと

やっぱり、持つ場所がコーティグされている方ですね。

回し易くて作業が捗ります!

 

グリス 1,488円

アマゾンで購入

IMG_8161 copy

このグリスでハブのオーバーホールをしてみたいと思います!

 

スプロケット回し 1,590円

アマゾンで購入

IMG_8246

サクッと外せました!

 

工具、ホイール総額 55,761円

ホイールにかかる合計

33,445円

 

Wiggleでzondaが

39,364円なので

それよりは安く仕上がりました!

 

総額でみると割高ですが

2本目も組む事と

自分に残った経験を考えると

割安感があるかもしれませんねw

 

工具に掛かる合計が

20,016円

次はホイールのみでいけます!

 

ホイール組みの指南書DVD

サイメンの「ホイール組みの達人」が

2300円くらい

これが無いと始まりませんw

 

掛かった時間は

作業時間は

ざっくり、

1本目4時間。

2本目2時間。

組み直し2時間。

合計8時間程度掛かりました。

 

DVDで確認しながら進めたので

時間が掛かってしまいましたが

2本目以降は

2時間程度で出来ました。

 

自分に組めるか心配だったのですが

やってみると案外、出来てしまうもんなんだなと思いました。

 

手組みしてどうだった?

一言で言うと

楽しかったです!

 

今回、手組みする事により

より一層ロードバイクに愛着が出ました。

 

やっぱり、自分でいじるって良い事ですね。

但し、全て自己責任になりますが・・・

 

僕が思う手組みのメリット

僕が思う手組みのメリットは

 

  1. ホイールの仕組みを理解出来る
  2. スポークのテンションを自分で張れるようになる
  3. ロードバイクに愛着が出る

 

後、

スポークテンションを上げたり、下げたりしたら

どういった走りになるか確かめる事が出来たり

スポークのテンションが下がってくると

自分でテンションを上げたり、と

より、ロードバイクを楽しめると思います!

 

デメリットは

僕は楽しさが勝ったので

デメリットでは無いのですが

 

  1. 作業する時間
  2. 工具に掛かるお金

 

でしょうか。

 

次の目標は

今回、安くする為に

全てのスポークを2mm

真鍮のニップルを使用しました。

 

次は

1.8mmのスポークで組み

ニップルをアルミニップルにしたいと考えています。

 

後、

スポークのテンションをもう少し

上げようと思っています。

 

一言

ホイール組みが凄く楽しかったので

コンポーネントも自分でやってみようかな。

 

ホイール手組みの記事です、よかったら読んでみてください。

①ホイールを手組みしようと思います!

②ホイール手組み 準備編

③ホイール手組み 購入編

④ホイール手組み スポーク長計算とスポーク購入編

⑤ホイール手組み 組立編

⑥ホイール手組み スポークのテンション張り編

⑦ホイール手組み スプロケット、タイヤ移植編

⑧ホイール手組み 実走編

 

 - ロードバイク