未分類

初心者の包丁研ぎ、今回は牛刀を砥ぐよ!

投稿日:

1年以上前に

砥ぎ師さんに砥いで貰った牛刀

そろそろ切れなくなってきているので

砥いで欲しいと妻からの要請です。

今回で3回目。

それでは砥いでいきます!

 

砥ぐ前の切れ味は

砥ぐ前に切れ味をチェック。

刃を当てるだけでは切れず

少しスライドさせると

刃はスーゥッと入っていきます。

 

まだ切れそうな感じですが

切れる包丁を使うと気になるようです。

 

刃の黒幕で砥ぐ

砥ぎ師さんに習った方法は

1.粗砥で形を整える

2.番手を上げて傷を消していく

3.刃付けをする

の工程。

 

この牛刀は

砥ぎ師さんに形を整えて貰っていますので

少しだけ中砥で砥いで

後は番手を上げていき

刃付けして完成です!

 

というわけで

まずは1000番で砥いでいきます。

カエリを意識して砥いでいきます。

全体的にカエリが出たら逆にして

反対を砥いでいきます。

 

1000番で砥いだら

次は2000番と番手を上げますが

使い終わった砥石は

次、すぐに使えるように面直ししておきます。

 

面直し

砥ぎ始める前でも

後でも、途中でもいつでも良いらしいのですが

面直しは必ずやっておかないといけない工程

片減りしていると

真っ直ぐな刃にならず切れ味が悪くなる!

そうです。

タブンこんな理由だったような・・・

とにかく面直しは凄く大事!という事です。

 

僕が砥ぎ師さんから教えて貰った方法は

鉛筆で線を書き

セラミック修正砥石で

万遍なく砥いで

鉛筆が残らなければオッケー

残ったらそこが減っているので

消えるまで砥いでいく

これで面は出たはず!

 

仕上げ砥石で砥ぐ

1000番、2000番で砥いだら

次は僕が持っている中で一番高い番手

5000番です!

この仕上げ砥石で砥ぐと鏡面に仕上げります。

あとは

角度を付けて刃付けをしたら完成!

 

砥いだ後の切れ味

ミニトマトですが

薄くスライス出来るぐらいは切れ味が戻りました!

こんな感じ

使った砥石は

刃の黒幕シリーズの

1000番と2000番と5000番

 

後、面直しに

 

一言

形が整った包丁は凄く砥ぎやすいですね♪

 









-未分類

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.