町のWeb屋さん

SSD換装サービス始めました!

切れなくなった包丁を砥いでみたよ!

      2017/09/19

 - 未分類

購入して以来、あまり砥いでいない

本割り込みの三徳包丁

刃部分は丸くなり

黒く変色しています。

先端は丸く、ガタガタ。

包丁として全く切れないので

砥ぐことにしました!

 

 

それでは

 

本割り込み三徳包丁を自分で砥いでみる

自分で砥ぐにあたり

包丁の砥ぎ講習に2回ほど行きました。

 

1回目は片刃講習、

2回目は両刃講習

 

片刃は比較的簡単なのですが(両刃に比べ)

両刃は角度を保つのが難しい上に

両方に刃を付けなくてはいけない為

凄く難しいです。

 

今回は両刃

難しい方ですね。

 

久しぶりの砥ぎなので

とうなるか分かりませんが

とりあえず砥いでいきます。

 

とその前に切れ味を確認

 

切れ味確認

どれくらい切れるか新聞誌で確認しました。

予想通り全く切れませんね。

では

砥いでいきます。

 

320番砥石で砥ぐ

形が整っていたら中砥から砥いでいくのですが

今回の包丁は形が変形しているので

320番の粗砥で形を整えていきます。

砥ぎ方は

コイン2~3枚分浮かした状態で

シャカシャカやっていきました。

シャカシャカしていくと

黒い部分が取れ鋼部分が綺麗になっていきました。

 

形を整え終わったら

だいぶ綺麗になりましたが

形を整えただけなので(自分なりに)

この状態だとまだ切れません。

続いて

1000番の中砥で砥いでいきます。

 

1000番砥石で砥ぐ

粗砥で着いた傷を番手を上げて消していく

と教えて頂いたので

粗砥と同じような感じで

シャカシャカ

砥いでいきました。

若干綺麗になったように思いますが

良く分かりませんね。

 

さらに番手を上げて砥いでいきます。

 

5000番砥石で砥ぐ

2000番でも砥いだのですが

あまり変わらなかったので略して

5000番にいきます。

5000番で砥ぐと鋼部分は鏡面に

凄く綺麗になったのですが

ステンレス部分は僕の力量では

綺麗にする事は出来ませんね。

 

この後

角度を付け

刃付け作業をし

無事、一応、切れる包丁になりました。

所要時間3時間

疲れた・・・orz

 

一応

両刃なので裏も同じように

砥いでいます。

 

使った砥石は

シャプトンの刃の黒幕

320番

1000番

2000番

5000番

と使っていきましたが

砥石は価格が高いので

鏡面などにこだわらないのであれば

1000番だけでもOKなのかもしれませんね。

 

プロの料理人さんに聞いたら

形が整った包丁を砥ぐ場合は

仕上げ砥だけで良いと仰っていました。

これは教えて頂いた方も仰っていたのでそうなんだと思います。

僕は砥ぎ師でも、料理人でもないので分かりませんが

後、修正砥石は必須です。

僕のような素人が研ぐと

必ずと言っていい程、砥石面が凹みます。

そうなると

まっすぐ研げないので

砥石面をまっすぐに直す修正砥石が必要になると言うわけですね!

 

オススメしない砥石

初めて買った砥石は

アマゾンで評価の高い

1000番と4000番が裏表になっている砥石を購入したのですが

これは買って失敗でした。

 

何が失敗かと言いますと

砥石が柔らかいのか

砥いでいると

どんどん削れていき

砥石カスが凄く出て、掃除が大変なのと

どんどん削れていくので持ちが悪いです。

 

砥ぎ師の方に見せたら

「これはアカンで~」と仰っていましたw

 

その砥ぎ師の方は

天然砥石

シャップトン

ナニワ砥石

などを使われていて

 

「オススメはなんですか?」と聞くと

「人それぞれ、仕上げの好み」

と仰って「これ!」と言ったオススメは

教えて貰えませんでした。

 

一言

砥ぎは奥が深いです。

 

 - 未分類