ロードバイクでキャンプ

【ロードバイク】サイコン、ワイヤレスエントリーモデルCATEYE VELO WIRELESSを使ってみたのでレビューします。

投稿日:2018年8月8日 更新日:

CATEYEのワイヤレスエントリーモデル

VELO WIRELESSを使ってみたので

レビューしたいと思います!

それでは

 

ワイヤレスエントリーモデルCATEYE VELO WIRELESS

エントリーモデルのサイコン

VELO WIRELESS

 

僕はガーミンのサイコンに慣れているので

CATEYEのサイコンは少し使いづらい印象があるんですよね

 

これはどうなんでしょう

とりあえず見ていきます♬

 

CATEYE VELO WIRELESSの機能は

アナログワイヤレス搭載

 

速度:

走行速度、平均速度、最高速度

 

距離:

走行距離、積算距離

 

その他
消費カロリー、走行時間計測

バックライト:ナイトモード搭載により夜間のデータを簡単確認

電源:コンピュータ(受信部)/CR2032 x1、センサー(送信部)/ CR2032 x1
電池寿命:コンピュータ/約1年(1日1時間使用時、センサー/積算距離で約10,000 km
本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能

 

だそうです。

 

パソコンに繋いでデータを吸い出したり

ケイデンス、心拍と言ったデータは取れないようですね。

ということは

ストラバに走行データをアップするのは出来ない模様

なるほど

 

CATEYE VELO WIRELESSの価格は

アマゾンで¥3,509

サイコンだと安い部類。

 

それゆえ

機能は限られてくる感じですね!

 

CATEYE VELO WIRELESSの入っているもの

  1. 本体
  2. ブランケット
  3. スピードセンサー
  4. センサーゴムパッド
  5. マグネット
  6. ナイロンタイ4本
  7. 両面テープ

CATEYE VELO WIRELESSを設定

設定していきます!

裏のACボタンを押して初期化

左側のボタンがACなので押す

この画面になったらOK

周長設定していく

700cで良いと思うけど

より正確に設定する場合は

MODEボタンを長押し。

上画像が長押ししている所です。

 

現在は700x23cなので210cmに設定。

25cだと211cm

1cmの違いになります。

 

周長設定出来れば

後は時刻を設定して

完了!

簡単ですね。

 

暗闇でライトがどんな感じかチェック

明るさは良い感じです

消えるのが速いw

 

CATEYE VELO WIRELESSを使ってみて

速度と積算距離さえ分かれば

オッケーだったので

その2つが測定できるこのサイコンは

僕の用途にドンピシャです。

 

使い勝手も

可もなく不可もなくと言った感じ

エントリーモデルとしては良いんじゃないでしょうか。

普通に使えるのが良いです。

 

ただ

サイコンを使ってトレーニングデータを取りたい

ストラバにデータを上げたいと思っている人は

これじゃダメですね。

 

一言

シンプルなのが良い!!!









-ロードバイクでキャンプ

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.