ロードバイク

シマノWH-RS21ロードホイールの開封レビューとホイールの振れ・スポークテンションなどを確認

更新日:

サイクルメンテナンスさんが

「びっくり!」というくらい

コスパが良いホイール

手組み泣かせなホイール

と評価されていましたので

 

どんなものか気になり

WH-RS21を購入してみました。

というわけで

開封レビューをしたいと思います。

 

それでは

 

コスパが良いシマノWH-RS21ロードホイールの開封レビュー

とその前に

まずは価格ですね。

海外通販だと

wiggleで約1.8万円

Chain Reaction Cyclesで約1.7万円(在庫切れ)

Cycling Express.comは取り扱い無し

(2016年9月時点)

国内では

ヤフーショッピング数店

ごっつプライスさんで取り扱っているようですね。

価格は約2万円前後

 

国内で一番安いのはamazonの約1.87万円

 

Wiggleなどの海外通販と

国内との価格差がほとんど無かったので

今回はamazonで購入しました。

 

届いたのがこちら

IMG_0112

ダンボールを開けてみると

IMG_0113

ビニールで保護されて

ダンボールで固定されています。

 

入っているものは

フロントホイール

IMG_0117

リアホイール

IMG_0135

説明書の束と

クイックレリーズ2本

10速スプロケットを使用する際に使う

スペーサー

IMG_0153

リムテープ

IMG_0134

WH-RS21って

スポークがエアロ形状で

リアが非対称リムなんですね。

 

フロントホイールの重量、センター、振れ、スポークテンションを確認。

フロントホイールの重量、振れ、センター、スポークテンションを確認します。

 

まずは重量から

フロントホイールの重量は805g

IMG_0133

 

続いてセンターを確認

片方を合わせて

IMG_0123

合わせた形で反対側も確認。

IMG_0125

さらに数箇所確認すると

少し歪みが確認できました。

 

僕が確認したぐらいは

おそらく誤差範囲だと思います。

 

続いて振れ確認

縦振れから確認します。

IMG_0126

一箇所当たる所を基準に

一番広がっている所で0.5mm以内なので

許容範囲だと思います。

 

横振れも確認

これも縦振れ同様に確認します。

IMG_0128

こちらも最大で0.5mm以内なので

許容範囲かなと思います。

 

スポークテンションの確認

すべての本数のスポークテンションを確認

IMG_0130

だいたい目盛15〜17の間に収まっていました。

反対側も確認

IMG_0131

こちらも15〜17の間でした。

 

リアホイールの重量、センター、振れ、スポークテンションを確認。

続いてリアホイールの重量、振れ、センター、スポークテンションを確認します。

 

まずは重量から

リアホイールの重量は1072g

IMG_0152

センターを確認

フロントホイール同様に

片方を合わせて

IMG_0149

そのまま反対側も合わせます。

IMG_0150

若干の歪みを確認する事が出来ました。

が、

こちらも、おそらく許容範囲かなと思います。

経験上、僕程度でしたら走っていても体感できないレベルだと思います。

 

続いて振れ確認

縦振れから確認します。

IMG_0138

リアの振れは0.5mm以上、1mm未満

 

横振れは

0.5mm以内

IMG_0140

 

スポークテンションの確認

すべての本数のスポークテンションを確認します。

IMG_0141

フリー側のスポークテンションは

目盛17〜18の範囲内

反フリー側のスポークテンションは

目盛9〜13の範囲内

 

組み立て

タイヤ、チューブ、スプロケットを取り付けて

組み立て完成!

IMG_0156

IMG_0155

使用した工具は

タイヤはめる時の必需品ですね!

スプロケットを外す時に必要な専用工具です。

一応スプロケット入れる部分に塗りました。

一言

まずは届いたままの状態で走ってみて

ついでに

手組みしたDD-swiss RR440非対称リムと比較したいと思います!

その後に

スポークテンションを変えてみようかな。

↑1年以上経過していますがまだスポークテンション触っていませんw

 

サイクルメンテナンスさんの動画はこちら









-ロードバイク
-

Copyright© 町のWeb屋さん , 2018 All Rights Reserved.