町のWeb屋さん

ロードバイク 時々 パソコン

Zwiftを始めて3ヶ月が経過したのでオススメな所、イマイチな所を紹介します!

      2016/10/27

 - ロードバイク

Zwiftを初めて3ヶ月が経ちました。

zwift-1

真夏に

340kmライドに行った後は

室内にこもり

ひたすらZwiftをやっていました!

 

それでは

 

Zwiftのオススメな所、イマイチな所

固定ローラーのオススメな所、イマイチな所と

混合してしまいそうですが

 

なるべく

Zwiftに焦点を合わせて

書いていきたいと思います!

 

それでは

まずはオススメな所からいきます!

 

Zwiftのオススメな所は

1、パワーメーターが表示される!

パワーメーターの素晴らしさを

Zwiftを通じて知りましたw

 

Zwiftをする前は

パワーメーターなんて

高いし、いらない!と

思っていたのです

Ziwftをやった今では

パワーメーター凄く欲しいと思っている

自分がいますw

 

パワーメーターの何が良いって

自分がどれくらいの

力を出しているか

数値で分かるのが良いです!

 

数値で分かれば

自分の実力も把握し易いですし

 

なにより

ホビーレースなどで活躍されている方の

レース記録や坂、山の記録 練習内容など

ワットで書かれている内容と

自分を比較出来るようになるのが

特に良いですね!

 

2、毎日レースのようなものがある!

毎日のように

〜ライドとか

〜レースなどが

開催されています。

img_0473

さらに

ABCDEとランク分けされていて

自分にあったカテゴリーを選ぶ事が出来ます。

img_0474 img_0475

ライドやレースは

割とキツくて

室内練習なのに

心拍もMAX近く行きますし

足もギリギリになります。

(僕の場合)

 

3、FTP計測が出来る!

パワートレーニングの基準となる

FTPが簡単に計測出来ちゃいます!

zwift-5

僕はこのFTPを測定するのに

辛すぎて断念しましたorz

なので

あまり活用出来てないのが現状です。

 

いずれやります。

いずれ・・・

 

4、数種類のコースがある!

市街地コース

島コース

など8種類のコースがあります。

zwift-6

zwift-7

なので

今日はがっつり

山岳コースにトライしよう!だとか

今日は平坦で流そう!だとか

体調によってコースを選択する事が出来ます。

 

5、アイテムが走行距離に応じて貰える!

走行距離に応じて

Zwiftの中で

ウェアが貰えたり

ロードバイクが貰えたり

ホイールが貰えたり

します。

 

これにより

ほんの少しだけ

モチベーションが上がります。

 

現実に貰えたら良いのにねw

 

6、たまに別府選手が走ってる!!!

たまに別府選手が

リカバリーとして

走っている事があります!

zwift-9

僕は2回参加しましたが(無料)

参加人数が多すぎて

どこにいるか分かりませんでした。

 

割と本気で探したんですけどね・・・w

 

7、そして飽きない!

これだけ色々な機能があるので

割と苦痛な固定ローラーも

楽しんで?苦しんで?出来ています。

 

思った時間、適当な服装で出来るので

割と重宝しています。

 

続いてイマイチな所いきます!

 

イマイチな所は

1、パソコンが必要。

大前提として

パソコンが必要です。

 

Zwiftの使用推奨環境は

推奨スペック
OS : Windows 7 or higher,OS X 10.9 or higher
PROCESSOR : Dual Core i5 or AMD
MEMORY : 8GB
GRAPHICS : 2GB Radeon R9 200 series, or NVidia GTX 650
HARD DRIVE : 4GB of free space

となっています。

これ以下だと

不安定になる可能性がありますし

自分の家の回線状況によっても

不安定になる可能性があります。

 

しかし

Core i5、メモリ8GB、GTX650

以上って

ゲームしない人にとっては

中々、ハードル高いスペックですねw

これくらいのスペックですかね。

 

2、お金が掛かる。

有料になってしまい

月々10ドルかかります。

 

日本円だと

1080円くらい

 

さらに

パソコン以外にも

スマートトレーナーか

クラシックトレーナーが必要

(当たり前ですが)

さらに

パソコンに繋ぐANT+スティック

ANT+のスピードセンサーと

ケイデンスセンサー

が必要になります。

 

ガーミンのサイコンなど

ANT+センサーがあれば大丈夫ですが・・・

 

1から始めるのには

結構なお金が掛かります。

 

3、英語・・・

Zwiftのページは全て

英語となっています。

 

僕は英語が苦手なので

理解するのに時間が掛かります。

日本語対応になってほしいな・・・

 

簡単なまとめ

僕が感じた

Zwiftの良い所は

パワーメータが表示され

FTPも測定出来て

毎日のようにレース、ライドがあり

走行距離に応じてアイテムが貰え

数種類のコースがあり

たまに別府選手が走ってる所!!!

 

イマイチな所は

初期費用が結構かかり

月々費用もかかり

英語である所。

 

3ヶ月やってみて僕が思うのは

これはこれで楽しいし

パワーメーターの必要性に触れれたのは

凄く良かったと感じています。

 

やっぱり外が楽しい!!!

 

 

一言

そして

パワータップが欲しい。

 

 

 - ロードバイク